123ru.net
World News in Japanese

Новости за 15.05.2019

ネットの個人データ収集、若者と中高年の「驚くべき意識格差」

Shūkan Gendai 

近年、日本でもGAFA(米IT企業群)によるパーソナルデータ(以下データ)活用や独占に関する議論が活発になってきている。しかしデータ政策の議論においては、「消費者」という視点が驚くほど抜け落ちている。そこで本稿では、筆者の研究チームが2019年に実施した約6,000件のアンケート調査分析結果を基に、「データの収集・活用に対する人々の評価」の実態を定量的に明らかにする。




独女が83歳認知症父の介護…危機を救った介護施設の「利用法」

Shūkan Gendai 

フリーライターの田中亜紀子さんは現在83歳の父の運転をやめさせることに四苦八苦した。認知症の中でもピック病だということが判明し、専門病院の医師のひと言で1年にも及ぶ運転をめぐる攻防は終わりを告げたが、介護生活は終わらない。独身でライターという不規則な仕事で生計をたてており、かつ介護はほぼ一人でやらなければならない状態だった。多くの介護保険サービスを知ったという田中さんに、意外と知られていない、便利な活用法についてまとめてもらった。

エンターテインメント小説の旗手は、なぜ昭和史の闇を描き続けるのか

Shūkan Gendai 

このたび刊行された月村了衛『悪の五輪』は、1964年の東京オリンピックを背景に、映画好きの変人ヤクザ・人見稀郎が親分の命令で、オリンピックの公式記録映画の監督という大役に三流の監督・錦田欣明を押し込むべく、映画界や政界などを相手取って暗躍する物語だ。彼の行動によって、莫大な利権が動き、オリンピックという祭典に群がる悪党どもの姿が浮き彫りになる。






『戦争を知らない子供たち』を生んだ、「いい加減」な発想

Shūkan Gendai 

『あの素晴しい愛をもう一度』『風』など名曲に込められた日本人の生き方とは? きたやまおさむ+前田重治著『良い加減に生きる』(講談社現代新書)刊行を記念して、名曲『戦争を知らない子供たち』誕生の舞台裏を、きたやま氏が描く。

小4女児虐待事件 母親 傷害ほう助の罪 きょう初公判

NHK 

千葉県野田市で小学4年生の女の子が虐待を受けた末に死亡し両親が起訴された事件で、このうち傷害ほう助の罪で起訴された32歳の母親の初公判が16日、千葉地方裁判所で開かれます。母親が虐待事件の経緯などについて法廷でどのような証言をするのか注目されます。

米財務長官「近く北京で米中閣僚級交渉再開」

NHK 

アメリカと中国が追加関税の応酬で、対立が激しくなる中、ムニューシン財務長官は、閣僚級の貿易交渉を近く北京で再開するという見通しを示しました。ただ、交渉で合意に達するためには、まだ多くの作業が残っているとしていて、深刻な対立を解消できるのか注目されます。

123ru.net – это самые свежие новости из регионов и со всего мира в прямом эфире 24 часа в сутки 7 дней в неделю на всех языках мира без цензуры и предвзятости редактора. Не новости делают нас, а мы – делаем новости. Наши новости опубликованы живыми людьми в режиме онлайн. Вы всегда можете добавить свои новости сиюминутно – здесь и прочитать их тут же и – сейчас.